笑顔

画期的な歯の矯正法

歯科

マウスピースをはめる治療

歯並びというのは、人の第一印象を左右する大事な要素です。歯がガタガタに生えていると、それだけで相手への印象が悪くなります。近年、大阪の歯医者では、歯並びの画期的な治療としてインビザラインを行っています。このインビザラインとは、マウスピース型の透明な矯正装置での治療のことです。マウスピースを一日に20時間以上装着して、徐々に歯を動かしていきます。そして、2週間ごとに新しいマウスピースに交換していきます。このマウスピースでの治療は、従来の矯正装置と比較して、喋りやすいと言う利点が有ります。ワイヤーによる矯正では、独特の厚みで発音障害が生じました。しかし、大阪の歯科医のインビザラインでは、マウスピース自体がとても薄いです。よって、ほとんど違和感なく、お喋りが可能です。その他にも、金属類を一切使用せずプラスチック製なので、金属アレルギーの方でも問題ないです。今まで金属アレルギーの影響で、ワイヤーによる矯正ができなかった方でも安心です。このように利点が多いので、興味が有る方は遠慮なく大阪の歯医者に相談すると良いです。

施術にかかる治療

大阪の歯科医院で行われているインビザラインは、従来の治療と比べて、利点が多いです。マウスピースが透明で、喋る時の違和感もないです。また、金属アレルギーの方でも安心して歯を治せます。このようにメリットが多いと、気になるのが治療費です。そもそもインビザラインは、保険が全く適用されない治療です。そのため、ワイヤーによる矯正と比べると、治療費が高くなります。自費診療なので歯科医院によって異なりますが、平均して85万円くらいはかかります。費用の内訳は、治療の相談料、診断料、マウスピースの作製費、調整費、リテーナー代などです。このリテーナーとは、矯正した歯をしっかりと固定する装置のことです。 高額な値段なので、慎重に治療を受けるか考慮する必要が有ります。